T【茶道具 炉釜】釜師 12代 加藤忠三朗作 霰 真形釜 【宅配便配送】(メーカー直送品) ptx【釜】【茶道】 送料無料-羽釜 T【茶道具 炉釜】釜師 12代 加藤忠三朗作 霰 真形釜 【宅配便配送】(メーカー直送品) ptx【釜】【茶道】 送料無料-羽釜

いちばん大切なものを、未来へ

●ご注意とお願い
※こちらの商品は代引・返品不可、ギフトのし対応不可となっております。
また、メーカー直送品を複数ご注文された場合、複数個口での発送となる場合がございます。
納期情報をご確認の上、お買い求めくださいますようお願い申し上げます。

●商品説明
忠三朗作品にはいわゆる鳴子という切金が釜の内底側にないのが特徴です。

■芦屋写 霰真形羽付釜
口作りから羽先まで全面総霰の釜である。本歌は芦屋の古作である為、鐶付がいくぶん下に付いているが本作は少し上げてある。全面総霰の釜は、霰と霙の配列と流れの調整、及び湯の流れの点から製作上の難しさは多い。また霙、霰を幾百千と打つ根気の賜物でもある。
総霰の釜はたいてい茶色い。酢金(すがね=おはぐろ)を焼き付ける時、霰の間に入り込み、化粧として残るからであろう。本作も結果としてそうなっている。繰口で蓋は一文字、梅撮、座は梅座である。
(作品集より引用)

●作家
釜師 12代 加藤忠三朗

12代加藤忠三朗は、小学6年の頃より家業を手伝い、鋳物の学校、鋳造会社で修行しました。又、角谷一圭氏、齋藤明氏に師事し、先代より釜製作を学び、昭和57年(1982年)に家業を継ぎました。
平成3年(1991年)に12代を襲名し、伝統工芸日本金工展、東海伝統工芸展、日芸展等に入選。
平成11年(1998年)には、愛知県優秀技能賞を受賞。
日本鋳金家協会会員、また金鱗会の会員でもあります。

●箱
桐箱入、共布付
共布は画像のものと異なる場合がございます。

●ご注意
ご注文確定後に商品の取り寄せとなります。
完売にて商品がご用意できない場合は改めてご連絡させて頂きます。