閉じる

漆絵 尾形光琳の名作「八ツ橋図」-日本画 漆絵 尾形光琳の名作「八ツ橋図」-日本画

いちばん大切なものを、未来へ

画家肉筆による漆(うるし)絵で、名作を見事に再現しました。米国メトロポリタン美術館蔵。
絵画サイズは1枚が40x80cmで、2枚一組(総サイズ40x160cm)です。
背面にフックが付いていますので、額なしでもそのまま壁にかけられます。
額縁見本は、カテゴリーの額縁見本をご覧下さい。

尾形光琳(おがたこうりん:1658~1716) 江戸中期の絵師。その画風は乾山や酒井抱一などに引き継がれ、光琳派、略して琳派の系譜を生む。作「紅白梅図屏風」、「燕子花(かきつばた)図屏風」、「八ツ橋図屏風」など。

漆絵とは、日本古来の漆工芸技法を絵画に取り入れた新しい芸術作品です。
特殊な合板に漆を塗り込み幾度も磨き出した上に、一点一点ていねいに手描きして仕上げた芸術品です。
自信を持ってお薦めできる作品です。存在感のある美術品としてご活用下さい。

国宝級の屏風絵、蒔絵、花鳥図、壁画、天井画などの名画を、熟練した絵師が肉筆で精巧に模写します。

メニュー

閉じる